京都駅から一番近い紅葉スポットランキング!電車を降りてすぐ楽しむならここ!

Pocket

紅葉の季節になると、京都に行きたくなりますよね!

京都には嵐山や嵯峨野といった、紅葉の名所が多々ありますが、「そこまで足を延ばす時間はないけど、近いところで紅葉を楽しみたい!」という方もいますよね。

京都駅から近いところなら、新幹線に乗る前に寄ってみたり、電車移動の合間に紅葉を楽しむことができます。

そこで、電車を降りてすぐ楽しめる、京都駅から近い紅葉スポットをランキングにしてみました!

ランキングの中には紅葉の有名スポットから、隠れた穴場までご紹介しているので、是非、京都旅行の参考にしてみて下さい♪

それでは「京都駅から一番近い紅葉スポットランキング!電車を降りてすぐ楽しむならここ!」についてご紹介していきます☆

【スポンサードリンク】

5位 東福寺(とうふくじ)

紅葉の名所として名高い東福寺は臨済宗東福寺派の大本山の寺院です。

毎年ハイシーズンになると、境内に入る長い行列ができるほどの人気の紅葉スポットです。

混雑は避けたいという方も多いと思いますが、京都最大の伽藍を真っ赤に染め抜く紅葉は壮観で、一見の価値があります!!

桃山時代に作られた、歴史深い枯山水の庭園と真っ赤な紅葉のコントラストは東福寺ならでは。

とりわけ、法堂と開山堂を結ぶ「通天橋」からの景色は、「通天紅葉を見ずして、京の紅葉をを結構と言うなかれ」と言われるほどの眺望なんです。

期間中は、東福寺塔頭 天得院の紅葉のライトアップがあり、荘厳な風景を味わうことができますよ!

基本情報

≪紅葉の見頃時期≫
11月中旬から11月下旬

≪最寄駅≫
東福寺駅(JR・京阪)徒歩10分
京都駅(JR・地下鉄・近鉄)徒歩25分

≪拝観料≫
通天橋・開山堂:大人400円、小中生300円 方丈八相庭園:大人400円、小中生300円

≪拝観時間≫
4月~10月末9:00~16:00、11月~12月初旬まで8:30~16:00、12月初旬~3月末9:00~15:30

4位 光明院(こうみょういん)

東福寺の子院で、東福寺の本堂から三門を通り、勅使門から出てすぐのところにあります。

東福寺よりはおちついて見られる紅葉スポットになっています。

光明院は「虹の苔寺」とも呼ばれ、枯山水の庭園の白、苔の深い緑に真紅の紅葉が良く映えます。

また、茶亭「羅月庵」からはお茶やお饅頭を頂きながら、庭園と紅葉を楽しむこともできますよ!

「東福寺の行列に並ぶ時間はないけれど、京都らしい枯山水と紅葉を楽しみたい」という方におすすめの名刹です。

基本情報

≪紅葉の見頃時期≫
11月下旬から12月上旬

≪最寄駅≫
東福寺駅(JR・京阪)徒歩15分
京都駅(JR・地下鉄・近鉄)徒歩30分

≪拝観料≫
志納

≪拝観時間≫
8:30~日没

3位 朱雀の庭(すざくのにわ)

梅小路公園内にある日本庭園です。

庭園内には様々な四季の植物があり、もちろん紅葉もみられます。

池泉回遊式の庭園で、池のある落ち着いた風景のなかを散策することもでき、秋の草木の美しさを満喫できます。

水鏡に移る紅葉は圧巻!

夜はライトアップも楽しめます。

梅小路公園内には京都水族館や鉄道博物館もあり、ファミリーやカップルにおすすめです♪

基本情報

≪紅葉の見頃時期≫
11月下旬

≪最寄駅≫
京都駅(JR・地下鉄・近鉄)徒歩15分

≪入園料≫
200円(小学生以上)

≪開園時間≫
9:00~17:00(最終入園16:30)

【スポンサードリンク】

2位 東寺(とうじ)

東寺真言宗総本山の寺院で「教王護国寺(きょうおうごこくじ)」とも呼ばれています。

街中からも見える国内最高の高さを誇る、五重塔が目印です。

五重塔を背景にした紅葉は、まさに京都のシンボルと言える光景です♪

また、五重塔の足元にある瓢箪池にうつる紅葉は幽玄な雰囲気を醸し出します。

期間中はライトアップされ、歴史ある仏教建築と紅葉の、一層幻想的な叙景を満喫できます。

基本情報

≪紅葉の見頃時期≫
11月中旬から11月下旬

≪最寄駅≫
京都駅(JR・地下鉄・近鉄)徒歩15分

≪拝観料≫
大人500円・高校生400円・中学生300円(ライトアップ・夜間拝観は大人800円・中学生以下500円)

≪拝観時間≫
8:30~17:00(受付は16時30分まで)(ライトアップは18:30~21:30)

1位 渉成園(しょうせいえん)

江戸時代に建てられた、浄土真宗大谷派の総本山・東本願寺の別邸です。

東本願寺には見事な銀杏並木がありますが、モミジの紅を楽しみたい方には渉成園がおすすめです。

書院式の回遊庭園で、池や橋のある風景の中の紅葉はしっとりした情緒を感じられます。

京都駅から徒歩10分もかからない距離の割には、人出も落ち着いていて、穴場スポットなんです!!

江戸時代に渉成園ができる以前は、元は左大臣・源融(みなもとのとおる)の住居跡であったと言われています。

この源融、「源氏物語」の主役・光源氏のモデルともされているんです!

源氏物語の世界に思いを馳せて眺める紅葉もとっても風流ですよ♪

基本情報

≪紅葉の見頃時期≫
11月中旬から11月下旬

≪最寄駅≫
京都駅(JR・地下鉄・近鉄)徒歩10分

≪入園料≫
500円(高校生以下250円)

≪開園時間≫
9:00~16:00(受付は15時30分まで)

最後に

京都駅で電車を降りてすぐ見に行ける紅葉スポットをご紹介しました。

由緒ある寺社や日本庭園と紅葉という、日本のらしい紅葉スポットが、京都駅から徒歩圏内にたくさんあります。

ここには挙げていませんが、西本願寺・東本願寺では大きな銀杏を見ることもでき、青空とのコントラストがとても爽やかですよ♪

時間がなくても秋を満喫できるスポット、是非訪れてみて下さいね!!

こちらの紅葉記事もおすすめです
京都の紅葉穴場ランキング!美しすぎて本当は教えたくないとっておきのスポット!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ