栗の皮むきの裏ワザ!すごく簡単♪時短♪こんな方法があったんだ!

Pocket

栗ごはんや栗の甘露煮、秋になると食べたくなりませんか?

でも、栗って鬼皮は固いし、渋皮は実に貼りついてて取れないし、皮むきがとっても面倒!!!

栗の皮むきが劇的に簡単になる裏ワザがあればな~って思いませんか?

そこで今回は「栗の皮むきの裏ワザ!すごく簡単♪時短♪こんな方法があったんだ!」と題しまして、皮むきが簡単にできる裏ワザをお伝えします!

【スポンサードリンク】

圧力鍋で鬼皮・渋皮をまとめてむける!

圧力鍋を使うと、加圧・減圧の過程で皮と実が離れ、とっても簡単に皮むきできるんです!!

加圧・加熱するので、実にも火が通りほっくり柔らかく仕上がります。

煮物などには向きますが、栗ごはんなど、実をしっかり仕上げたい料理には不向きです…。

圧力鍋を使った栗のむき方

1.栗の上の尖った部分に×や*のように、放射状に切り込みを入れる

2.圧力鍋に栗とかぶるくらいの水を入れる

3.火に掛け、5分程度加圧する

4.鍋を水で冷まして減圧する

5.冷ましたら切り込み部分から皮をむく

急激な減圧によって実離れがよくなるので、加圧後はすぐ減圧しましょう♪

魚焼きグリルで焼く方法

鬼皮に切り込みを入れて、魚焼きグリルで焼くだけ!

1.上下加熱のグリルは強火で12分、上火加熱のグリルなら途中で上下を返しながら15分が目安です。

2.焼けたら熱いうちに、軍手で皮をむきます。

実にも火が通って、そのまま食べられます。

焼き栗を食べたいときにおすすめの方法です!

固い鬼皮だけを簡単にむく方法

収穫後すぐの栗は、鬼皮も水分を含んでいて、そんなに固くありません。

しかし、お店に並んでいる栗は、どうしても乾燥しがち…鬼皮も固くなってしまいます。

「実はなるべく生のまま皮むきしたい」

「渋皮煮にしたいから渋皮は残したい」という方におすすめのむき方をご紹介しましょう!

一晩水に浸ける

一番簡単な方法はこれです!

栗を鬼皮のまま、かぶくらいの水に一晩付けておくだけ。

むいてみて皮がまだ固ければ、浸水時間を延ばしてください。

茹でてから冷凍する

1.鍋に栗と水を入れ、沸騰したら1分放置します。

2.火から下ろし、粗熱が取れたら冷凍します。

3.使う時に解凍して皮をむく

鬼皮が手でもむけるくらい柔らかくなります!

種類によっては、渋皮も一緒にむけることもあります。

【スポンサードリンク】

渋皮を簡単にむく方法

渋皮は実に張りついているうえ、実がでこぼこしていて包丁でむくのは本当に大変です。

そこで、包丁を使わずに渋皮をむく方法を3つ集めました!

さっと茹でてスプーンでむく方法

1.水に塩少々を入れ、鬼皮をむいた栗を、渋皮が白っぽくなるまで茹でる

2.1個ずつ水に浸けて冷ます

3.スプーンの縁を使って、栗の丸い方から先の尖った方へ向かって、渋皮を削り取る

冷ましすぎるとむきにくくなるので、1個ずつ冷ましましょう

渋皮を焦がして布巾でふき取る方法

1.フライパンで炒る、焼き網を使ってコンロで炙るなどして渋皮を焦がす

2.濡らしてから固く絞った布巾で1個ずつ、渋皮をふき取る

実に火が通らないように、ごく強火で渋皮だけをさっと焦がすのがコツです!

歯ブラシでこする方法

固めの歯ブラシで渋皮をごしごしこするだけ!

歯ブラシの毛を短く切りそろえると、コシが強くなります。

怪我ややけどの心配がないので、小さなお子さんでもお手伝いできそうですね♪

最後に

いかがでしたか?

面倒だと思って敬遠してきた方も、この裏ワザを使って簡単な皮むきを試してみてくださいね♪

栗の美味しい季節に、栗料理やデザートを楽しんでくださいね!!

関連記事はこちら
栗のゆで方!簡単に美味しく茹でるコツと保存方法を伝授!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ