【スポンサードリンク】

電気代は少しの工夫で節約出来ます!

特に夏場や冬場はエアコンの使用などで電気代が高くなりがちですが・・・

工夫することで50%の節約が可能なんです。

電気代を賢く節約する方法をまとめたので是非参考にしてみて下さい。

1.時間帯割引契約を活用する

電気の契約の際、何もプランをいじっていなければ「従量電灯」という契約になっています。

もし、共働きや学校などで昼間あまり家におらず電気を使わないのであれば、「時間帯割引契約」にすることをオススメします。

電力会社によって少し違いはありますが、どの時間に電気を使っても電気代が一定な「従量電灯」に対して、「時間帯割引契約」は夜の22時(23時)~朝8時(7時)までの電気代を70~80%オフにしてくれる割引方法です。

ただし、夜は安いですが、それ以外の時間は30%ほど高くなるので注意が必要です。

2.契約アンペアを見直す

電気代の基本料金は、契約アンペアに応じて高くなります。

目安としては、夏場ならエアコンとドライヤーを一緒に使うとブレーカーが落ちるくらいに設定するといいでしょう。

ブレーカーが落ちると分かっていれば、こまめに電気を消したり同時にいくつも電化製品を使用することがなくなり節約にもつながりますね。

10A基本料金を下げると、月に250円・年間で5,000円以上電気代を節約出来ます。

電力会社に電話するだけで対応してくれるので、一度見直してみてはいかがでしょうか。

3.待機消費電力を節約する

実は家庭の電気代の内、約10%が待機消費電力なんです。

月1万円の電気代を払っている家庭なら、1,000円の節約をすることが計算上可能なのです!

オススメの方法は、

スイッチ付きの省エネタップにする

使っていないコンセントのスイッチをオフにしておくだけで電気代が節約できます。

使っていないブレーカーを落とす

各部屋ごとにブレーカーがあるので、普段あまり入らない部屋や、電気を使わない部屋があるならブレーカーを落としておくことで待機消費電力が節約できます。

いちいちコンセントを抜くことを考えれば手間も少なく、とても楽に節約することが出来ます。

4.エアコンの電気代を節約する

実は1年を通した家庭の電気代の4分の1をエアコンが占めています。

エアコンの電気代を節約するだけで大幅な節約が期待できます。

季節ごとにフィルターを掃除する

ご存知の方も多いと思いますが、フィルターにはホコリやカビがたくさん付着しています。

最新のエアコンには自動のフィルター機能がありますが、長持ちさせるためにはエアコンを起動しない春や秋にもフィルターを掃除する必要があります。

なので季節の変わり目ごとにエアコンを起動し、フィルター掃除機能で掃除しましょう。

自動の掃除機能がないエアコンの場合は、月に一度は掃除機でホコリを取るようにしましょう。

エアコンの寿命も延びて一石二鳥です。

室外機にカバーをかける

室外機周辺の温度が高すぎたり低すぎたりすると、余計な電気代がかかります。

室外機を通気性のいい場所に移動させるか、専用のカバーをかけることで直射日光を避けることが出来、余計なエネルギーがかからなくなります。

エアコンの風量は「自動」に設定する

意外ですが、「弱」よりも「自動」の方が消費電力が少なくて済むんです。

設定温度を見直す

冷房を使う場合、設定温度を1度上げるだけで約10%の節約になり、暖房の場合は2度低くすると約10%の節約になります。

【スポンサードリンク】

5.冷蔵庫の電気代を節約する

エアコンの次に電気代を消費するのが冷蔵庫です。

次は冷蔵庫の節約方法を見てみましょう。

温度調節を見直す

冷蔵庫を探ってみると温度調節が出来るようになっている冷蔵庫は多いです。

温度調節を「強」から「弱」にするだけで20%の電気代節約になります。

夏は「強」、冬は「弱」で十分です。

冷蔵庫を壁から離す

冷蔵庫は熱を放射しているので、出来れば側面は壁と2㎝以上、背面は10㎝以上、上には物は乗せずに天井との間は10㎝以上開けておきましょう。

これだけで約20%の電気代節約につながります。

物を詰めすぎない

食材がパンパンになっている冷蔵庫はそうでない冷蔵庫に比べて、年間6,000円もの余分な電気代がかかっています。

冷蔵庫内は冷気が回るように食材をあまり入れず、開閉も少なくすることで電気代の節約になります。

6.炊飯器の電気代を節約する

「エコ炊き機能」を活用する

これだけで10~20%消費電力が節約できます。

ご飯はまとめて炊く

炊飯時に電気代がかかるので、まとめて炊くだけで電気代が節約できます。ご飯は冷蔵または冷凍しておきましょう。

保温機能は極力使わない

例えば3合のご飯を4時間保温するだけで2~3円の電気代が発生します。

同じ要領でポットの保温機能も消費電力が高いので、温めるなら電子レンジを使いましょう。

最後に

賢く工夫する6つの方法のうち、あなたはいくつご存知でしたか?

気にし過ぎるのも良くないですが、必要ない電気だから使わない、というスタンスで行えば上手く節約して行けるのではないでしょうか。

浮いたお金で最新のエコ家電に!ますます節約できますね!

【スポンサードリンク】