秋は英語でFallとAutumnどっち?読み方・スペル・略語についても解説!

Pocket

涼しくさわやかな季節「秋」。

英語で「秋」は「Fall」と「Autumn」の2種類の言い方がありますが、読み方やどんな違いがあるか知っていますか?

実は現在はイギリスでは「Autumn」、アメリカでは「Fall」を使うことが多いという違いがあるのです!

この記事では「秋は英語でFallとAutumnどっち?読み方・スペル・略語についても解説!」について詳しく書いていきます。

【スポンサードリンク】

「Fall」と「Autumn」の違いと読み方

現在ではアメリカ・カナダでは「Fall(フォール)」 イギリス・オーストラリア・ニュージーランドでは「autumn(オータム)」 を使います。

アメリカ英語でも、カジュアルな場面では「Fall」、フォーマルな場面では「Autumn」を使うといった使い分けもあります。

一方、イギリスではカジュアルな場でもほとんど「Fall」を使うことはありません。

「Fall」と「Autumn」の歴史

イギリス英語の方が歴史があって、アメリカ英語の方が新しいイメージがありますが、実はアメリカ英語の「Fall」の方が歴史は古いんです!

「Fall」は元はイギリスで使われた言葉でした。

17世紀になって、アメリカに渡ったイギリス移民たちはアメリカに「Fall」という言葉をもたらします。

その後、イギリス本国にはフランスから「Autumn」という言葉が入ってきました。

新しく外国から入ってきた言葉を新鮮に感じたイギリス人の間で「Autumn」が浸透し、18世紀以降にイギリス人が英語を伝えたオーストラリアやニュージーランドでは「Autumn」を使うということになったのです。

「Fall」と「Autumn」の語源

「Fall」には秋の他に「落ちる、落下する」という意味がありますよね。

遊園地の絶叫マシン「フリーフォール」は落ちるという意味のフォールです。

秋を意味する「Fall」の語源もこの「落ちる」という単語です。

元は落ち葉の季節という意味で「fall of the leaf(落ち葉)」と言っていたのが短くなって「Fall」だけで秋を表す言葉になったのです。

「Autumn」はラテン語の「収穫期(秋)」を意味する「autumnus」という言葉が語源です。

「autumnus」はアウトゥムス・オウトゥムスと読みます。

これが英語風に変化してできた言葉が「Autumn」なんですね!

【スポンサードリンク】

季節・月を表す略語

日本語で言うところの四季は英語で「The four seasons」と表現します。

春夏秋冬はそれぞれ「spring」「summer」 「autumn(fall) 」「winter」です。

3字語と言って、メールなどでよくつかわれるコード化した3文字の略語では「季節(Season)」は「SSN」と表します。

春夏秋冬はそれぞれ「SPR」「SMR」「AUT(FAL)」「WTR」で、読むときは元の単語と同じ読み方をします。

アメリカの若い人の間ではsummerを「SMMR」と略すこともありますが、この略し方は他の季節では余り使われません。

季節に関する略語として、日常的に使われる月の名前の略語もご紹介します。
1月 January Jan.
2月 February Feb.
3月 March Mar.
4月 April Apr.
5月 May (短縮なし)
6月 June (短縮なし)
7月 July (短縮なし)
8月 August Aug.
9月 September Sep. or Sept.
10月 October Oct.
11月 November Nov.
12月 December Dec.

略語をつかうと少しこなれた印象になりますよね!

メッセージカードや手帳などで使うとおしゃれ度アップを狙えちゃいますよ♪

最後に

FallとAutumnの違いについて書いてみましたがいかがでしたか?

アメリカ英語とイギリス英語の違いで、国によってFallが多く使われたりAutumnが多く使われたりすることや、Fallのほうが歴史が古く今では少しカジュアルな言葉である事もわかりました。

同じ季節をあらわすのに、語源と言葉の広がり方によって違いがあるなんて、言葉っておもしろいですね!!

秋の話題はこちらもおすすめ!
秋の季語で名前 女の子の赤ちゃんの古風・美しい・かわいい人気の名前をご紹介♪

秋生まれの男の子の名前!かっこいい秋の季節をイメージさせる名前110選!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ