【スポンサードリンク】

他のSNS・mixiの足跡機能のように、Facebookでも友達や友達以外に足跡は残る?と心配になったことありませんか?

関係の浅い友達や、昔の恋人など、相手に足跡が残ると困ることもありますよね。

また、Facebookの「知り合いかも?」機能で、懐かしい友達と再会したなんて話もよく聞きます。

でも何年も連絡を取り合っていない人と知り合いなんて、どうして分かるんでしょうか?

あまりに精度が高いので自分の情報も、誰かのところに表示されているのでは?と不安になったことがある人もいるかも知れません。

この記事ではFacebookをもっと使いこなすために、Facebookの足跡は友達以外に残る?知り合いかも?の仕組みについて詳しく解説します!

「知り合いかも?」に表示される仕組み

1.友達の友達

Facebook上で共通の友達がいる場合に表示されます。

「知り合いかも?」のリストに表示されるとき、「共通の友達:〇〇さん」と合わせて表示されます。

誰の友達かが判るので違和感は少ないですよね。

2.学校や職場が同じ人

Facebookのプロフィールに、職歴・学歴を登録している人には、同時期に同じ職場・学校に所属していた人が挙げられます。

これがきっかけで、小学校などで卒業以来会っていなかった人とFacebookで再会することも多いそうです。

3.所属しているネットワーク

所属しているネットワークが同じ人も「知り合いかも?」に挙げられます。

所属しているネットワークとは、同じイベントに参加していたり、同じ写真にタグつけされている状態のことです。

同じイベントに参加したり、同じ時期に同じ場所にチェックインしたりしていると、システムが「知り合い」と判断するんです。

大規模なイベントになると、参加者同士も知らない人同士になるので、「知り合いかも?」に表示されても、誰か分からないということが起こり得ますよね。

4.インポートした連絡先

Skype、Hotmail、Yahoo、iCloudなどの連絡先のデータ、スマートフォンの連絡先のデータをインポートしている人はこれが元になっていることもあります。

昔のデータが残っていたり、仕事に使うスマートフォンの連絡先データをインポートしていると、Facebookのシステムで「知り合い」と判断されるのです。

もう何年も連絡を取っていなくて、共通の友人もいないはずの人が「知り合いかも?」に表示されるのは、これが原因になっていることが多いんですよ。

データのインポートは初期登録のステップの一つなので、無意識にしている人もいるかも知れませんね。

5.自分が検索した相手

Facebookの運営では、公式に上の4つの情報に基づいて「知り合いかも?」機能の判断基準になっているとしています。

でも上4点に当てはまらない相手が挙がっていることはありませんか?

そんな時に考えられるのがこれ!

自分が相手の名前を検索して閲覧した場合、自分の「知り合いかも?」リストに表示されることがあるのです。

【スポンサードリンク】

Facebookに足跡機能はない!

1~4までは相手にも同様に表示されている可能性が高いのですが、5はどうでしょう。

片思いの相手や自分が一方的に知っている人など、自分が検索して相手のページを閲覧したことが、足跡みたいに相手に知られるのは嫌なこともありますよね。

1~4の条件に当てはまらない新規のアカウントの実験では、A→Bで検索した場合、Aの「知り合いかも?」にBは表示されました。

しかしBの「知り合いかも?」にAは表示されなかったのです!

Facebookの機能も更新されるので、一概には言えませんが、「現段階で相手のページに足跡が残ることはない」と言えるでしょう。

「知り合いかも?」を消す方法

関係の薄い人が「知り合いかも?」リストにいると、本当の知り合いを見落とすこともあります。

そんな失敗を防ぐためには、リストに表示された相手の名前の横の「×」をクリックするだけでリストに上がらなくさせることができます。

アプリでは「削除する」ボタンをタップするだけです。

リストに挙がった相手をブロックすることもできますが、その後の関係性を考えて検討した方が賢明です。

自分の情報を「知り合いかも?」に表示されにくくする方法

1.リストに挙がる条件をクリアする

まずはリストに挙がる条件である職歴・学歴を消去し、インポートデータを削除します。

2.友達リクエストを送信できるユーザーを制限する

設定>プライバシー>私に連絡を取ることができる人>私に友達リクエストを送信できる人「全員」から「友達の友達」に変更します。

これで不特定多数のユーザーからは友達リクエストができなくなるため、他の人の「知り合いかも?」に表示されにくくなります。

3.検索に引っ掛かりにくくする

設定>プライバシー>私を検索できる人>メールアドレスを使って私を検索できる人/電話番号を使って私を検索できる人「友達」もしくは「友達の友達」に設定します。

設定>プライバシー>私を検索できる人>外部検索エンジンから私のタイムラインへのリンク「いいえ」に設定して、googleなどの検索エンジンからタイムラインを表示できないように設定できます。

最後に

人との楽しいつながりを楽しむSNSではありますが、自分の情報を守ることも必要です!!

SNSでの付き合いの基準を決め、SNSでのストレスやトラブルを回避しましょう!!

【スポンサードリンク】