香典袋の金額の書き方!一万円と書いていいの?

Pocket

冠婚葬祭に関連するマナーって、きちんと把握しているつもりなのに、いざその時になると自信がなくなるってことありますよね。

特にお葬式は、若いうちは参列することも少なく、マナーが身に付く機会も少ないもの。

香典袋の選び方や金額の書き方、「一万円」と書くのか「壱萬円」と書くべきか…考えるときりがありません。

そこで今回は香典袋の表書きや「一万円」など金額の書き方に決まりはあるのか?など、お香典についてのマナーをまとめてご紹介します。

とっさの時に慌てず済むように、ぜひ参考にしてみて下さい!

【スポンサードリンク】

香典袋の選び方と表書きの書き方

訃報(ふほう)を受けた時、まず亡くなった方の宗教・宗派を確認しましょう。

これは宗教によって使う香典袋が変わってくるからです。

仏教であれば、水引は黒白または双銀(そうぎん)の結び切り、包みは白無地か蓮(はす)の絵柄入りのもの。

神道(しんとう)であれば、水引は双白・双銀または黒白の結び切り、包みは白無地

キリスト教では、水引はなく、包みは白無地か十字架や白百合(しらゆり)が印刷されたもの

といったように同じように見える香典袋でも、宗教ごとに違いがあるのです。

もし、宗教の確認ができない場合は、水引は黒白か双銀の結び切りに白無地の包みの袋を用意します。

表書きは、弔事(ちょうじ)なので薄墨(うすずみ)を使って書きます。

これも宗教・宗派で違いがあるので確認ができた場合は宗教や宗派に合わせた書き方をしましょう。

例えば、一般的に仏教では「御霊前」(ごれいぜん)を使いますが、浄土真宗(じょうどしんしゅう)の場合はお葬式のときも「御仏前」(ごぶつぜん)と記します。

仏教式であれば「御香料」(ごこうりょう)や「御香典」(おこうでん)でもいいでしょう。

故人が神道であれば、表書きは「御玉串料」(おんたまぐしりょう)「御榊料」(おさかきりょう)「御霊前」

キリスト教であれば「お花料」ですが、カトリックの場合「御ミサ料」と書くこともあります。

これも、確認が取れない場合は、宗教・宗派を選ばないとされる「御霊前」と書くのが無難です。

また香典袋には水引が印刷されたものと、袋に水引がかかったものとがありますが、これは包む金額に合わせて選びましょう。

目安としては、包む金額が5千円以下の場合は水引が印刷されたもの、3万円以下の場合は白黒か双銀の水引がかかった香典袋。

それ以上の金額を包む場合は、袋自体が高級和紙でできたもので双銀の水引がかかったものを選びます。

市販の香典袋には、パッケージに金額の目安が書かれていることが多いので、選ぶ時の参考にして下さいね。

【スポンサードリンク】

金額の書き方は?旧字体を使わなきゃダメ?

中袋の書き方ですが、中袋は表包みと違い、黒の墨を使ってもいいとされています。

中袋の表記については、受付やご遺族の方が分かりやすいように、間違いがないように書くものなので、疎かにしないよう気を付けましょう。

市販の香典袋の場合、住所・氏名・金額の欄が設けてあるものも多いので、所定の欄がある場合はその通りに書きます。

真っ白の中袋の場合、表の中心に金額、裏の左側に住所・氏名を明記します。

金額は、頭に「金」とつけ、改竄(かいざん)されることのないよう「五千円」であれば「金五阡円」、「一万円」であれば「金壱萬円」いうように旧字で書くのが一般的です

結婚式のご祝儀などでは、金額の最後に「也」とつけますが、不祝儀ではつけないものとされているようです。

お香典に新札はダメ?ボロボロの紙幣を入れるの?

お悔やみの場合、お祝いと違って新札を入れるのはマナー違反です。

これは「亡くなることを見越して準備していた」と受け止められるためです。

新札しかない場合は二つに折って、折り跡を付けてから包みましょう。

だからと言って、あまりにも使い古された、汚れてぼろぼろの紙幣を包むのも失礼に当たりますから、見た目に汚くない程度のお札を用意しましょう。

最後に

お香典にも、細かく決まり事があるのですね。

面倒に感じる人もいるかも知れませんが、お葬式はご遺族にとって、最も辛く、一生心から離れない場面でもあります。

ちょっとした失敗で、ご遺族の心を傷つけてしまうことがないよう、配慮のできる人になりたいものですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ