【スポンサードリンク】

牛乳と言えば、毎日給食に出てきたり、朝ごはんに出てきたり、小さい頃から慣れ親しんだ飲み物ですよね。

なんとなく体に良くて栄養があるのは知ってるけど、具体的にどんな栄養があってなんの成分で出来ているか知らないという方も多いはずです。

また、「背が伸びる」とか「生理痛に効く」とか色んな効果があると言われていますが、実際は牛乳を飲むことでどんな健康効果が期待できるのでしょうか?

今回はいまさら聞けない牛乳の栄養成分と健康効果について紹介したいと思います。

牛乳に隠された栄養素とは?

牛乳と言えばカルシウムを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はそれだけじゃないんです!

牛乳には栄養成分がバランスよく含まれているので、私たちの健康維持を助けてくれるスゴイ飲み物だったんです。

牛乳に含まれる栄養素

・カルシウム
・ビタミン
・ミネラル(カリウム、リン、マグネシウム)
・タンパク質
・炭水化物
・脂質

などが含まれ、どの栄養素も消化吸収されやすい形になっているのが牛乳の凄いところです!

3大栄養素と言って、私たちの体をつくる基本的な栄養素である「タンパク質・脂質・炭水化物」と、その吸収を助けて体の機能を調整してくれる「ビタミン・ミネラル」が同時にバランスよく含まれているのです。

さらに、牛乳を1杯飲めば、成人男性が一日に必要なカルシウムの34.9%が摂取できます!

水分が87%の液体なのに栄養が豊富で、栄養素密度(食品のエネルギー100kcalあたりに含まれる栄養素)が非常に高いので、少ないエネルギー量で同じ量の栄養素を摂取できる、とっても優れた食品なんです!

ちなみに栄養素密度が高い食品としては「卵」なんかもあります。

同じ分の栄養を取ろうとするなら、カロリーが少ない方が良いですよね。

ダイエットの時や、風邪を引いて食欲がない時なんかには特にオススメです。

牛乳にはビタミンも豊富!

牛乳にビタミンが豊富と言うのはちょっと意外な感じがしますよね。

ビタミンCは少ないですが、実はその他のほとんどのビタミンが含まれているんです。
(ビタミンA、D、E、K、B1、B2、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、B12)

ビタミンAは活性酸素の発生を抑えて細胞の老化を防ぐ働きがあり、アンチエイジングに欠かせないビタミンです!

不足すると視力の低下や肌のかさつき、抜け毛などが起こりやすくなると言われています。

ビタミンB2には、細胞の再生や脂質などの代謝を促進する働きがあります。

皮膚や髪、肌を健康的に保つ美容ビタミンとして注目されています。

ビタミンAやB2はレバーやウナギにも多く含まれていますが、毎日食べることは出来ませんよね。

手軽に摂取できる牛乳はやっぱりすごい!

ミネラルも摂れる!


ミネラルは、骨や歯の形成、神経伝達、血液の生成、体内のイオンの浸透圧を調整するなど様々な役割があります。

しかし、体内で作ることが出来ないので食事から摂取する必要があります。

また、それぞれ自分にしかできない働きを持っているので、他の栄養素が変わりの役目をすることが出来ません。

牛乳を飲んでミネラルを摂取しましょう!

【スポンサードリンク】

牛乳を飲むと他にもこんなにいいことが!

・歯や骨を強くする
牛乳に多く含まれるカルシウムは健康な骨づくりに欠かせない栄養素です。

特に女性は更年期・閉経が近づくと骨粗鬆症になる人が増えるので、カルシウムをたっぷりとって骨そのものを強くしておくことが長期にわたる健康にも関係してきます。

・不眠症改善
牛乳には安眠効果を高める脳内物質であるセロトニンを生成するためのトリプトファンが沢山含まれています。

また牛乳に含まれるカルシウムは気持ちを静める効果があるので、相乗効果により安眠効果が期待出来るのです。

・精神安定効果
ストレスが溜まってイライラしている人はセロトニンが減少していることが考えられます。

セロトニンは牛乳に含まれるたんぱく質に多く含まれているので、牛乳を飲むだけで気持ちを落ち着かせてイライラ軽減、ストレス解消に効果的と言われています。

・月経痛の改善
牛乳に含まれる「α-ラクトアルブミン」というたんぱく質に月経痛を緩和してくれる効果があるそうです。

・血液量・免疫力アップ
温めた牛乳を飲むと血液量が増え、免疫力が高まり、血行促進にも良いとされています。

・基礎代謝の向上
牛乳に含まれるたんぱく質が質のよい筋肉を作ってくれるので、運動後に牛乳を飲むことが推奨されたりしています。

筋肉が増えると必然的に基礎代謝がアップするので、太りにくい体質になり、疲れにくい体へと変化していきます。

・便秘解消
牛乳に含まれる乳糖は腸内環境を整えてくれる栄養素で、便秘解消効果もみられるようです。

しかし、乳糖によって腸内に水分が多くなることで便が柔らかくなり過ぎ、下痢を引き起こす場合もあるので注意が必要となります。

まとめ

大人になるとめっきり牛乳を飲まなくなってしまったという方も多いのではないでしょうか?

健康だけでなく、美容にもダイエットにも欠かせない牛乳。

今日から毎日コップに1杯の牛乳、始めませんか?

【スポンサードリンク】