モンスターエナジーの効果と持続時間|今日頑張りたい方必見です!

Pocket

夜勤や徹夜で試験勉強をする時、長時間のドライブやスポーツの前など、頑張りたい時にお手伝いをしてくれるエナジードリンク。

数あるエナジードリンクの中でも代表的なのが、黒地に緑の爪痕が目を引くモンスターエナジーです。

モンスターエナジーの効果はどんなものがあるのでしょう?

また、効き目の持続時間はどのくらいなのでしょうか。

今回は気になるモンスターエナジーの効果と持続時間について調べてみました。

今日頑張りたい方必見です!

目次
■効果や持続時間は?
■栄養成分は?
■飲みすぎは注意!
■最後に

【スポンサードリンク】

モンスターエナジーの効果や持続時間は?

モンスターエナジーは2002年にハンセン・ナチュラル社から発売された栄養飲料で、日本では2012年にアサヒ飲料からモンスターエナジー・モンスターカオス・モンスターエナジーアブソリュートリーゼロの3種類が販売されています。

米国オリジナルレシピは原材料にタウリンを用いていますが、日本では医薬部外品に分類されてしまうのでアルギニンに替えているそうです。

発表によると、モンスターエナジーは疲労回復、スタミナ補給、眠気覚まし、興奮作用、精力活性、抗ストレスなどの効果が期待できるそうです。

なので夜勤・徹夜前の眠気覚まし・疲労回復などにもってこいですね。

モンスターエナジーにはカフェインが含まれていますが、カフェインの覚醒効果が表れる時間は飲んでから30分後です。

ちなみに、各種ドリンクのカフェイン含有量は、

・モンスターエナジードリンク(355ml)・・・142mg
・眠眠打破(コーヒー味/50ml)・・・120mg
・レギュラーコーヒー(一杯/150ml)・・・90mg
・缶コーヒー(ダイドーブレンド)・・・86mg
・レッドブル(250ml)・・・80mg

です。

モンスターエナジーの凄いところは1本に含まれるカフェインの含有量です!

ちなみにカフェインの効果の持続時間は一般的に4~5時間と言われていますが、モンスターエナジーの場合はなんと8時間覚醒が続くとも言われています。

でもモンスターエナジーの効果は眠気覚ましだけじゃないんです!!

モンスターエナジーの栄養成分は?

モンスターエナジー100mlあたりの成分は、

エネルギー 50kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 12.6g
ナトリウム 78mg
L-アルギニン 125mg
ナイアシン 8.5mg
ビタミンB6 0.8mg
ビタミンB2 0.7mg
ビタミンB1 0.1mg
ビタミンB12 1‐6ug
高麗人参エキス 82mg
L-カルニチン 29mg
D-リボース 125mg
カフェイン 40mg

と表示されています。

と、いわれてもピンときませんよね?

成分の効能や効果としては、

・Lアルギニン

肥満の改善、育毛、メタボリックシンドローム、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧、心不全などの生活習慣病の改善、ED(勃起不全)、不妊症、認知症、骨粗鬆症の予防に有効とされています。

・高麗人参

疲労回復、スタミナ補給、病中病後の体力回復、滋養強壮、虚弱体質の改善、血糖値を下げる作用による糖尿病改善、認知症や記憶力の予防・改善、生活習慣病の予防・改善、血行促進、抗ストレス、冷え性改善、性機能(勃起障害)の回復、不妊、抗ガンなど多くの健康効果があると言われています。

・Lカルニチン

記憶力の増強、脳の老化防止、運動能力の向上、慢性的な疲労感やだるさの解消、不妊の改善、高中性脂肪血症の予防や解消に効果があります。

・Dリボース

疲労回復の効果、運動能力を高める効果、筋肉痛を予防する効果があります。

・カフェイン

眠気覚まし等の覚醒効果、興奮作用、利尿作用等に効果が期待できます。

…いかがですか?

1本飲むだけで元気がみなぎってくる理由が分かりますよね!

【スポンサードリンク】

モンスターエナジーも飲みすぎは注意!

モンスターエナジーは確かに優れたエナジードリンクですが、よく効く薬ほど副作用が高いと言われるように、1本で高い効果があるので飲みすぎると危険もあります。

例えば、疲労回復やエネルギー補充に効果的なLアルギニンですが、1日に成人が摂取していい量は5gと言われており、1日に960g摂取すると死に至る場合もあります。

カフェインも人が1日に摂取していい量は5gと言われています。

カフェインは摂取しすぎると中毒症状が起こり始め、悪化すると精神不安定、幻聴、幻覚、嘔吐などの症状が出る可能性があります。

くれぐれも飲みすぎには注意しましょう

最後に

用法容量さえ守って飲めば、モンスターエナジーの色んな栄養成分により、万能薬のような効果が得られそうですよね。

試験当日の朝、スポーツの試合前、長時間のドライブ中、今日は大事なプレゼンがある、大事な商談がある、残業で帰れない・・・けど頑張る!といった気合を入れたい時にグビッと飲んで頑張りましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ