お布施の封筒の書き方!金額は書く?相場は?いつどうやって渡せばいいか解説

Pocket

お葬式に参列する時のマナーは心得ていても、お葬式を出す側になった時のことって分かりませんよね。

多くの場合、亡くなってから調べる間もなくお通夜・お葬式…と進むことが多く、お坊さんへのお布施ひとつとっても「封筒でいいのか水引のついたものを使うべきか」「表書きは何と書く?」「金額の相場や金額の書き方は?」と悩みますよね。

そこで、いざという時のために、頭の片隅に置いておいて損はない、お布施の封筒の選び方、表書きの書き方などの一般常識についてまとめてみました。

この記事では「お布施の封筒の書き方!金額は書く?相場は?いつどうやって渡せばいいか解説」と題しまして詳しくお伝えしていきます。

【スポンサードリンク】

お布施にはどんな封筒を使う?表書き、金額の書き方は?

お布施とは葬儀や法事の際に、読経(どきょう)などの一連の儀式を執(と)り行ってもらったことに対する謝礼として、お寺に渡すお礼です。

一般的に、お布施はお礼として渡すもので、相手のご不幸に際して渡すものではないので、水引のついた(印刷された)金封は使わない場合がほとんどです。

《正式な包み方》
・中包みとして半紙でお金を包み奉書紙(ほうしょがみ)で包みます。

・奉書紙の折り方は、慶事(けいじ)同様に上側の折返しに下側をかぶせます。

最近では、封筒を使用することも多いそうですが、その場合は郵便番号枠の印字のない、真っ白なものを選びます。

市販のもので「お布施」と印字されたものもあります。

封筒を使用する場合は中包みは必要ありません。

また、お悔やみごとなので封筒は二重になっていないものを選ぶのがいいでしょう。

水引のついた金封・のし袋は使わない場合がほとんどですが、地方によって使用することもあるので、葬儀社の人に確認をとるといいでしょう。

表書き

書かなくても構いませんが、書く場合は薄墨(うすずみ)ではなく黒の墨で「お布施」や「御布施」とし、○○家や施主(せしゅ)の名前を書きます。

中包み(ない場合には封筒の裏側)

左側に自分の住所氏名、右側に金額を書きますが、金額の頭に「金」、金額を旧字体で書き、金額の最後に「圓(旧字体の円)」と書くのが慣例的です。

旧字体

一から順に、壱 弐 参 四 伍 六 七 八 九 拾、百は佰、千は阡、万は萬と書きましょう。

また、慶事には新札、弔事(ちょうじ)には旧札をいれるというマナーがありますが、お布施の場合はどちらでもいいようです。

【スポンサードリンク】

お通夜・葬儀のお布施の相場はいくら?

僧侶の人数やお寺との付き合いの程度によって変わりますが、2日間で1人の僧侶に読経をお願いした場合、関東圏で20~35万円、関西圏では20万円前後という場合が多いそうです。

菩提寺(ぼだいじ)の僧侶に葬儀をお願いする場合は、親戚・檀家(だんか)間で教えてもらったり、お寺の事務局に尋ねたりして相場を確認しますが、葬儀社の紹介のお寺にお願いする場合は葬儀社に確認します。

また、戒名(かいみょう)を付けて頂く場合、戒名料を別に包む必要がある場合もあるので、その点も合わせて確認をした方がいいかも知れません。

お布施はいつどうやって渡す?

お布施は葬儀社ではなく僧侶に直接渡します。

タイミングとしては、式前の挨拶の時か式後にお礼を伝える時がいいでしょう。

切手盆(きってぼん)のような小さなお盆に袱紗(ふくさ)に包んで乗せ、文字の正面が相手の方に向くように渡しましょう。

「お車代」「御膳料(おぜんりょう・僧侶が会食を辞退した場合に渡す)」があれば、それぞれ封筒に入れてお布施と合わせて渡します。

最後に

想像したくないことですが、誰にも訪れる、近しい人とのお別れのとき。

マナーや常識が分からないことで、故人とのお別れよりも、そちらに気を取られてしまうのは悲しいですよね。

最低限の知識があれば、落ち着いて最期のお別れもできることと思います。

いつか来るかも知れない日のために、是非、頭の隅に留めておいて下さいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ