お宮参りのお祝いの金額は? 兄弟に渡す相場やのし袋の書き方について!

Pocket

兄弟など、身近な人に子供が生まれると、「出産祝いをしなくては!」と思いつく人は多いと思いますが、気になるのは「お宮参り」のお祝い。

お宮参りとは、赤ちゃんの生後1ヶ月程度の時期に、その土地の神様に無事の誕生を感謝し、健やかな成長を願う儀式で、誕生後一番最初の大切な行事とされています。

無事に1ヶ月を過ごし、赤ちゃんが初めて神様にご挨拶をする日なので、兄弟としてはお祝いをしたいところ。

でも、お宮参り祝い、金額はいくら包めばいいのでしょう。

この記事では「お宮参りのお祝いの金額は? 兄弟に渡す相場やのし袋の書き方について!」と題しまして詳しくお伝えします。

【スポンサードリンク】

兄弟の子供お宮参りのお祝い、金額の相場は?

ほとんどの場合、赤ちゃんの誕生のタイミングで「出産祝い」を贈る人が多いですよね。

だから「お宮参りのお祝いも絶対すべき!」というわけではありません。

また、お宮参りは大体子供とその両親、祖父母で行うことが多いので、家族関係だけのお祝いという性質もあり、お宮参りのお祝いはあまり一般的ではないのです。

しかしお宮参りに家族として同行する場合や、お宮参りのお祝いの席に参加する場合など、手ぶらというわけにもいかないというシーンもあるかも知れません。

お宮参りのお祝いをする場合、一般的な相場は五千円から1万円程度とされています。

兄弟の場合もこの相場を基準として考えるのがいいでしょう。

ただ、出産祝いを贈ってから日も浅く、受け取る側が遠慮されることもあります。

ベビー用品のプレゼントなど、無理のない範囲で、さりげなく贈るのもいいかも知れませんね。

お宮参りのお祝い、のしの書き方はどうする?

お宮参りのお祝いを贈る際には、紅白の蝶結びののし袋や熨斗袋を使用しましょう。

もともと「お祝い」「御祝」と印刷されたものならばそのまま使うことができます。

表書きは、一般的には「お祝い」「御祝」ですが、「祝御宮参」「祝初参」しても良いでしょう。

ベビー用品など、プレゼントを用意する場合にも、紅白の蝶結びの熨斗紙を付け、表書きも同様にします。

【スポンサードリンク】

お宮参りに贈るなら…プレゼントはどんなものを選ぶといい?

お宮参りに参列する両親は、着物やスーツなど正装をしているものです。

ただでさえ、生後1ヶ月の赤ちゃんを連れていると、自然と荷物も多くなるもの。

プレゼントをする場合には、嵩張るものや重たいものは避けるのが無難です。

ベビー服や、スタイ、靴下などで、「自分ではちょっと買えない、少し高級なもの」を選ぶと喜ばれるかも知れません。

スタイやタオルなど、赤ちゃんの名前を刺繍してくれるサービスがあるので、前もって準備しておくのも素敵ですね!

ベビー用のおもちゃでも、最近では可愛くスタイリッシュなものが増えているのでプレゼントにピッタリです。

兄弟の子供のお宮参りに参列する場合の服装は?

兄弟の赤ちゃんのお宮参りに参列するときは、どんな服装でいけばいいのでしょうか。

お宮参りの主役の赤ちゃんは、もちろん祝着という着物や、真っ白のベビードレスを着せます。

母親・祖母は着物を着ることもありますが、最近ではフォーマルなワンピースやスーツ姿の人も多く見えます。

父親・祖父はダークスーツが基本です。母親・祖母の服装の格に合わせることが多いので、男性はダークスーツか礼服かを兄弟に確認しましょう。

女性の場合もまずは赤ちゃんの親に確認するのがベストです。

ただ、お祝いの席だからと言って、友人の結婚式に参列する時のようなおめかしは避けた方がいいでしょう。

黒や紺、ベージュのような控え目なワンピースやスーツにパンプスといったスタイルが無難です。

最後に

お宮参りは、家族にとって大切な記念の行事です。

気遣いを忘れずに、素敵な記念日をお祝いしたいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ