【スポンサードリンク】

当時の尾崎豊さんを知ってる方も知らない方も、

この歌を聴いて感動したり惚れてしまう方は多いのではないでしょうか。

歌詞の中に「夜の校舎 窓ガラス壊してまわった」ってのがありますが

本当にこれやっちゃったらダメなんですけど、

そんな風に表現することで何を伝えたかったのかなーって考えながら

歌詞を一緒に読んでいきましょう♪

This song is by Yutaka 0zaki

作詞:尾崎豊
作曲:尾崎豊
歌 :尾崎豊

校舎の影 芝生の上 すいこまれる空
幻とリアルな気持 感じていた
チャイムが鳴り 教室のいつもの席に座り
何に従い 従うべきか考えていた
ざわめく心 今 俺にあるものは
意味なく思えて とまどっていた

放課後 街ふらつき 俺達は風の中
孤独 瞳にうかべ 寂しく歩いた
笑い声とため息の飽和した店で
ピンボールのハイスコアー 競いあった
退屈な心 刺激さえあれば
何でも大げさにしゃべり続けた

行儀よくまじめなんて 出来やしなかった
夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった

信じられぬ大人との争いの中で
許しあい いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでも過ごした
ひとつだけ 解ってたこと
この支配からの 卒業

誰かの喧嘩の話に みんな熱くなり
自分がどれだけ強いか 知りたかった
力だけが必要だと 頑なに信じて
従うとは負けることと言いきかした
友達にさえ 強がって見せた
時には誰かを傷つけても

やがて誰も恋に落ちて 愛の言葉と
理想の愛 それだけに心奪われた
生きる為に 計算高くなれと言うが
人を愛すまっすぐさを強く信じた
大切なのは何 愛することと
生きる為にすることの区別迷った

行儀よくまじめなんて クソくらえと思った
夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった

信じられぬ大人との争いの中で
許しあい いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでも過した
ひとつだけ 解ってたこと
この支配からの 卒業

卒業して いったい何解ると言うのか
想い出のほかに 何が残るというのか
人は誰も縛られた かよわき小羊ならば
先生あなたは かよわき大人の代弁者なのか
俺達の怒り どこへ向かうべきなのか
これからは 何が俺を縛りつけるだろう
あと何度自分自身 卒業すれば
本当の自分に たどりつけるだろう

仕組まれた自由に 誰も気づかずに
あがいた日々も 終る
この支配からの 卒業
闘いからの 卒業

【スポンサードリンク】

魂の叫び!尾崎豊のメッセージとは

これを10代で作詞・作曲した尾崎豊さんは凄いですよね。

この独特な歌詞は、彼でなければ歌えなかったんだろうなぁと思います。

不良全盛期とも言える時代に、社会に対しての嘆き、思春期独自の心の葛藤が歌われていると感じます。

自由を得る訳ではなく、仕組まれた自由(大人の社会)に気付かずに取り込まれ、闘うことからも卒業してしまう。

ごく普通の社会人を比喩しているような歌詞。

しかし尾崎豊さんは、仕組まれた自由に気付き、闘い続けるんだ!というメッセージに聴こえます。

みなさんはどう読み取りましたか?

【スポンサードリンク】