食べ過ぎた次の日は18時間プチ断食が効く!ダイエット中の暴飲暴食リセット方法

Pocket

職場でお土産お菓子の誘惑もあるし、食事の付き合いもあるし、ついつい食べ過ぎてしまった!

会社の飲み会、忘年会、お正月でついつい暴飲暴食してしまった!

ダイエットするってこの前決めたばかりなのに、、、

なーんてことありますよね!

いつも食べ過ぎた次の日に後悔する方も多いのでは?

でも大丈夫!たった18時間のプチ断食で暴飲暴食を挽回できるんです!!

それってどんな方法でリセットできるのでしょうか?

「食べ過ぎた次の日は18時間プチ断食が効く!ダイエット中の暴飲暴食リセット方法」と題しまして詳しくご紹介していきますね。

【スポンサードリンク】

食べ過ぎた次の日は18時間プチ断食で挽回!

食べ過ぎた翌日に18時間のプチ断食でダイエット効果を発揮する秘密は、食べたものが脂肪に変わる過程にカギがあります。

まず、食事をすると、体温維持や生理機能の維持、体を動かすことにエネルギーが使われます。

このときエネルギーとして消費しきれなかった、余剰分は「糖」という形で肝臓に貯蔵されます。

ここでも消費されなかった「糖」は、脂肪細胞の中に貯めこまれ、「脂肪」に変化するのです。

摂り過ぎたエネルギーが脂肪に変わるまでの時間が約18時間と言われています。

この18時間の間に、エネルギーとなるものを摂らずに、肝臓の糖を優先的に使ってしまえば脂肪として残ることはない。

という理由に基づいて、食べ過ぎた日の翌日18時間のプチ断食ダイエットをおすすめします!

プチ断食の方法

水分補給はしっかりと

プチ断食中も水分補給は必須です。

水や麦茶などのノンカフェインドリンクなどがおすすめです。

ジュースなどの糖分の入っている飲み物は、肝臓に貯めこまれた糖の燃焼を阻害してしまうのでNG!!

カフェインの入った飲み物やアルコールは、利尿作用で水分が体から排出され過ぎてしまったり、空になった内臓に負担をかけてしまうので避けましょう。

激しい運動は必要なし

肝臓に貯めこまれた糖を燃焼させるために、プチ断食と激しい運動を同時に行う必要はありません。

人間は普通に生活しているだけでも、基礎代謝と言ってエネルギーを消費しながら生きています。

食べ過ぎた翌日のプチ断食中は普段通りの生活を心がけましょう。

頭痛など体の異変があったら中止する

断食中には糖の代わりに脳の栄養となるケトン体という物質を体内で生成します。

体がケトン体に慣れていないと、拒絶反応をおこし頭痛を引き起こします。

他にも低血糖や水分不足による脱水などが原因で頭痛や吐き気、めまいを感じることがあります。

これらの体調の異変がみられたらすぐにプチ断食を中断しましょう。

妊娠中の人や病中病後の人、成長期の人、内臓疾患のある人は負担が大きすぎるのでプチ断食はおすすめできません。

プチ断食後は軽い食事を

プチとはいえ、断食の後は消化しやすい軽い食事を選びましょう。

おかゆお味噌汁豆腐良く煮込んだ野菜スープなどがおすすめです。

【スポンサードリンク】

ダイエット以外にも!プチ断食の効果

疲れにくくなる

人間は、食べたものをエネルギーにして体を動かしますが、その前段階である消化に大きなエネルギーを消費しているんです。

普段ハードワークをしているわけではないのに疲れやすい…という人も、プチ断食で消化器官を休ませると、消化にかかるエネルギーを抑えられて、疲れがとれるかも!

便秘解消

普段の食生活では、食べたものを消化、排せつするまでの間に、次の食事で食べたものが胃に入ってくるという状況になります。

こうなると、消化吸収の働きが優先されて、排せつは優先順位を下げられます。

プチ断食を行うと、排せつの働きを優先できるため、便秘解消につながるのです。

また、お通じがよくなると、体内の老廃物がなくなり、ニキビなど肌の悩みも解消できます。

集中力が高まる

多くの場合、人間は血糖値の上昇で満腹感・空腹感を感じます。

食事をすると、一気に血糖値が上昇し、一時的に集中力も高まりますが、急上昇すると下降も急降下するので、すぐに空腹感を感じて集中が途切れてしまいます。

プチ断食で多少空腹であったとしても、この血糖値の急上昇急降下がなくなるので集中力を保つことができるのです。

最後に

今回は食べ過ぎてしまった後のプチ断食をご紹介しました。

日々、体調がいい日・悪い日があったり、食べ物の誘惑があるかと思いますが、賢く対処していきましょう!!

この18時間リセット法をうまく活用して、ダイエットを成功させて下さいね!!

関連記事はこちら
ダイエット中甘いもの食べるなら|太る原因とおすすめお菓子

ランニングの時間と効果的な頻度について!継続は力なり

30代が美容のためにできる効果的な方法!ずっと美肌を保つには♪

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ