【スポンサードリンク】

「スーツ男子」という言葉もあるほど、男性のスーツ姿にときめく女性は多いものです。

デザイン・シャツ・小物とのコーディネートも大切ですが、一番大切なポイントはビシッと決まった清潔感!

よれよれのスーツや、畳んであった時の折り目がついてしまっているスーツは、格好が悪いだけでなく、仕事相手にもルーズな印象を与えてしまいます。

スーツの保管方法には注意したいですよね。

その保管方法、例えば出張などでスーツを持ち運ぶ時にしわや折り目に跡をつけないためには、畳み方にコツがあったんです。

そこでこの記事では、折り目に跡をつけないスーツの畳み方や、綺麗に保管するコツを紹介していきます。

スーツにしわや折り目を残さない畳み方

テーラー直伝!スーツの畳み方Ⅰ

1.スーツの前と後の裾を揃えてしわを伸ばす

2.うつ伏せのように背中側が上、右手側に襟が来るように広げる

3.背中の中心線に向かって、手前から半分に折り、その上に、袖口が裾に揃うように袖を乗せる

4.奥の身頃と袖も同様にたたむ(この時両肩の先を揃えるように気を付ける)

5.立ったままパンツの裾を揃えて持って、半分に畳み、テーブルに置いてしわを伸ばしながらもう半分に折る

6.畳んだパンツを、右側に揃えるようにスーツの上に置き、パンツにかぶせるようにスーツの裾を襟に揃えるように畳む

7.しわを伸ばして整えたら、チャック付きの袋に入れる

もっと簡単に!スーツの畳み方Ⅱ

1.スーツの片方の袖を裏返し、裏返した袖の中に反対の袖を入れる

2.肩の部分に下着や靴下を詰める(しっかり詰めた方が折り目に跡がつきにくい)

3.スーツの上にタオルやインナーシャツを置き、2の部分を芯にして、しわを伸ばしながらタオルなどを巻き込むように巻いていく

4.パンツはプレスを整えて両足を揃え、同じようにタオルなどを巻き込むように巻く

跡が残りにくい畳み方のコツ

手でしわを伸ばしながらなるべくふんわり畳む

折る部分にクッションとして下着や靴下を挟む

スーツケースに入れる時は他の荷物に押し潰されないように、容量に余裕を持って入れる

チャックつき袋の中の空気がクッションの役割をするので、空気を抜かない

ホテルなどハンガーがある場所ではなるべくハンガーにかける

パンツは必ずパンツハンガーに、裾を上にして挟むのが鉄則!

【スポンサードリンク】

ついてしまった折り目の跡を消す方法

気を付けて畳んでも、折り目の跡がついてしまった!という場合には、ハンガーにかけて入浴後の浴室にかけておくと跡が消えます。浴室内の蒸気でクセがついた繊維がほぐれ、スーツ自体の重さで引っ張られるんです。

シャツも一緒に掛けておけば、折り目跡が一度に綺麗に伸ばせますよ!

時間がない時は、濡れタオルで折り目の跡部分を濡らし、ドライヤーで乾燥させてもOKです。スーツの生地は高熱に弱いものもあるので、ドライヤーは離して当てましょう。

衣類のしわ伸ばしスプレーも市販されていますが、霧吹きに水を入れて、折り目の跡に吹き付けて手で押さえ、掛けておくだけでも効果があります。香水のアトマイザーなど、持ち運びやすい小ぶりのものが、薬局や100円ショップで売っているので1つあると便利ですよ!

最後に

基本の畳み方も、簡単な巻く方法も、ポイントは「立体的な形を崩さないこと」「クッションの使い方」です!!

アイロンがなくても、折り目やしわのないスーツを着られる方法もご紹介しました。

出張中もビシッとしたスーツを着ていれば、お仕事もうまくいく気がしますよね!!

次の出張では、是非試してみて下さい!!

【スポンサードリンク】