30代が美容のためにできる効果的な方法!ずっと美肌を保つには♪

Pocket

30代というと、多くの女性が初めて自分の老化と向き合う時期です。

美容という面は特に顕著で、肌のハリがなくなる、ほうれい線や目元のシワ、乾燥など、特に肌の悩みは増える一方…

そんな30代ですが、諦めるのはまだ早いですよ!

たるみやシワ、シミに効果的な美容法を知りたいと思いませんか?

ケアの仕方を見直すことで改善する可能性もあります。

今後の老化スピードを遅めることだってできます。

そこで今回は、美容に悩む30代女性必見の、効果的なスキンケア方法を一気にご紹介します!

【スポンサードリンク】

紫外線が肌を老化させる!

紫外線は、太陽から地球に届く光ですが、可視光線と違って眩しさを感じず、赤外線のような熱を感じることもありません。

しかしこれらの光の中でも、皮膚の老化に強い影響を及ぼすのが紫外線です。

地表まで届く紫外線にはUVA波とUVB波があり、紫外線の約95%はUVA波が構成しています。

UVA波は、肌の奥の真皮層にまで到達し、ハリや弾力の元となる、コラーゲンやエラスチンを変性させます。

そのため、ハリや弾力が失われてシワやたるみ、毛穴の開きをもたらすのです。

一方、UVB波はUVA波よりも強いエネルギーで肌表面の細胞を破壊して炎症を起こさせたり、メラニン色素を酸化させて黒く変色させたりします。

この刺激がシミや日焼けによる炎症を起こすのです。

そのため、やはり日焼け止めや日傘・帽子といった対策が必要になります。

特に、日焼け止めはUVB波を防ぐSPF値だけでなくUVA波を防ぐPA値を重視して選びましょう。

紫外線で老化した肌に効果的な成分

《ビタミンC誘導体》
ビタミンCには、メラニンの活性化を抑制したり、酸化したメラニンの還元作用新陳代謝促進作用などがあり、誘導体にすることで、肌への浸透力が高まります。

《ハイドロキノン・アルブチン》
メラニンの活性化を抑制し、シミを作りにくくする成分です。

《プラセンタ》
コラーゲンの生成を助け、肌にハリを与える作用があります。

《フローレン》
抗酸化作用はビタミンCの125倍コラーゲン生成作用はプラセンタの800倍とも言われる、今注目の美容成分です。

【スポンサードリンク】

肌は30代から急激に乾燥する!

10代20代のうちは、ニキビやテカリに悩んでいた人も、30代になると乾燥で悩むようになります。

それは、皮脂の分泌が30代を過ぎると一気に減ってしまうからです。

また、皮膚表面を保護するセラミドが、加齢とともに減少してしまうため、肌の保水力がガタ落ちしてしまうのも原因。

乾燥は目元のちりめんじわやたるみ毛穴、くすみを招いてしまいます!

更に、乾燥していると、肌のバリア機能が弱まって、紫外線などの刺激を受けやすくなってしまうのです。

乾燥が気になり始める30代から、肌の乾燥対策を始めましょう。

30代の乾燥対策

《洗いすぎに注意する》
洗顔の回数だけでなく、洗浄力の強すぎる洗顔料を使わないなど、皮脂の落とし過ぎに注意が必要です。

《セラミド配合の化粧水で保水効果をアップ》
減少したセラミドを補うことで、肌自身の保水力を向上します。

《血行をよくする》
血行不良状態になると、新陳代謝が滞り、皮膚表面に古い角質が残り続けます。

乾燥した古い角質を、瑞々しい新しい角質と入れ替えがうまくいくように、体を動かして血行促進しましょう。

最後に

紫外線と乾燥が肌の老化を加速させるんですね!!

スキンケアはもちろん、良質な睡眠、栄養など、健康的な生活も不可欠です。

30代ならまだまだ老化も始まったばかり。

ケアを徹底して美しい肌を取り戻しましょう!!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ